【メルマガ発行】大都市の災害対策 第38号 

【メルマガ発行】大都市の災害対策 第38号 

11月16日に、第38号メルマガを発行いたしました。
今回は、危機管理レポート「大都市の災害対策・リスク対応を再確認すべき:
ハリケーン・サンディが襲ったNYから(前編)」と、NY在住のジャーナリストの
椎名亜由子さんに寄稿いただきました。

少しご紹介しますと、
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
■完全にNYを襲ったハリケーン
‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥‥
米北東部を襲った季節外れのハリケーン・サンディ。600人の死者を出した
1938年秋のニューイングランド・ハリケーン以来の、大規模なスーパー
ストームになる恐れがあると、ニューヨーク市および州を始め、周辺の
ニュージャージー州、コネチカット州などでは、サンディ来襲に備えて
あらかじめ準備に追われた。

ニューヨーク市では、サンディ上陸の予測時刻よりほぼ24時間前には
すべての公共交通が止められ、浸水による被害を最小限に防ぐため
地下鉄車両を地下から移動、被害が大きいと予測された水辺近くの「ゾーンA」
と指定されたエリアの住民には強制退避を呼びかけるなど、これまでの
ハリケーンの際以上の積極的な対応がとられた。この一見、行き過ぎに
見えるブルームバーグNY市長の事前対策は、被害を最小限に抑え、
ハリケーン後の市内中心部における復旧活動を迅速化するのに大きな役割を
果たした。(以下続く)

後編の配信が予定されています。
メルマガにご登録の上、ぜひご一読ください。
リンクは↓から

http://literajapan.com/mail_magazine

広告メールの解除も可能です。

2016-10-24T18:41:42+00:00 2012.11.20|Categories: メルマガ|