【メルマガ】「おもてなし・炎上・暴力の境目とは?」第121号

【メルマガ】「おもてなし・炎上・暴力の境目とは?」第121号

7月31日にメルマガ第121号を発行しました。
○○…………………………………………………………………
今日の一文
「おもてなし・炎上・暴力の境目とは?」
…………………………………………………………………○

先月には、元Buzzfeedで、現在Yahooなどで積極的に寄稿しているフリーの石戸記者をお呼びして、ネット炎上についてのビジネスセミナーを開催しました。

拙書『やばいことを伝える技術』でも、ネット上の「炎上」とリアルな「炎上」について書きました。
最近、駅員などへの暴力についてポスターを見かけるにようなりましたが、「リアル炎上」について考えます。

昨日、青葉台駅にあるブックファーストの4階の専門書売り場で怒号が響き渡りました。普段は静かな売り場ですので、なんだなんだと見てみると、レジで中年の会社員らしき方が「注文した本がないならはっきり言えよ」「なんだよ、この店は」と、店員さんにいまにもつかみかかるように罵声を浴びせていました。
(続く)
…………………………………………………………………○
続きはメルマガで。ぜひhttp://literajapan.com/mail_magazineからご登録ください♪

2018-07-31T13:47:22+00:00 2018.07.31|Categories: メルマガ|