【セミナー】シンプルに伝えるリスク 8月3日

【セミナー】シンプルに伝えるリスク 8月3日

リスクマネジメントではコミュニケーション対策が鍵になります。伝え方によっては、情報が誤解され、人命や組織の危機につながることもあるからです。リスクを相手に伝わるように伝えることは安全対策でもあります。

本セミナーでは、平時と危機時に安全情報をどうシンプルかつ分かりやすく相手に伝わるように伝えるかを、過去の事故や海外の事例から体系的に学びます。少数人数での対話を通し、より現場に反映できるコツをお伝えしていきます。

 シンプルに伝えるリスク:
リスクコミュニケーションを科学する

2018 年 8 月 3 日(金) 航空会館 205 号室

13:30-17:00 定員:10 名

 

タイムテーブル

 13:30~13:40  はじめに  リテラジャパン代表 西澤

13:40~14:10 リスク伝達:平時と緊急時のコミュニケーション 西澤

14:10~14:35 安全情報を伝える際の間違いとポイント 西澤

14:35~14:50 コメントと質疑

(休憩)

14:50~15:20 リスクコミュニケーションを科学的に検証する 山本

15:20~15:45 一般向け読みやすさの指標:ユーザーテストから分かること 山本

15:45~16:00 質疑

(休憩)

16:10~16:30 薬とクライシスコミュニケーション:薬害からリスク管理計画へ 山本

16:30~15:45 コメントと質疑

15:45~16:40 会場との議論

16:40~17:00 参加者からひと言・閉会

 

登壇者:
山本 美智子 (やまもと・みちこ)
熊本大学 薬学部/東京理科大学薬学部客員教授

元昭和薬科大学臨床薬学教育研究センター長・医薬品情報部門教授。熊本大学薬学部卒業後、ドイツフライブルグ大学言語学部留学。東京医科歯科大学大学院(Ph.D取得)。国立医薬品食品衛生研究所、(独)医薬品医療機器総合機構を経て、医薬品の安全評価、リスクコミュニケーションの教育・研究に取り組む。国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)研究班代表者。主な著書に、「薬害・副作用学」、「FDAリスク&ベネフィットコミュニケーション」、「最悪に備えよう(WHO Expecting the Worst)」がある。

 

西澤 真理子 (にしざわ・まりこ)

リテラジャパン代表

インペリアルカレッジ・ロンドン PhD専門:リスク政策、リスクコミュニケーション
筑波大学工学部非常勤講師。日本学術会議連携会委員。
厚生労働省 薬事・食品衛生審議会委員、総務省 生体電磁環境に関する検討会委員、他。福島原発事故時には、福島県飯舘村でコミュニケーションアドバイザーを務める。国連 国際原子力機関(IAEA)パブリックコミュニケーション コンサルタント。

 

参加費:26,000 円(テキスト代込み、消費税別)

テキスト: 西澤真理子著『リスクコミュニケーション』(定価 900 円 エネルギーフォーラム新書)、『やばいことを伝える技術』(定価 1,000 円 毎日新聞出版社)、『リスクコミュニケーションハンドブック』(リテラジャパン発行)を参加者全員に差し上げます。

フライヤーダウンロードはこちら

litera_20180803 fin

 

■WEB参加申し込み

 

本申し込みフォームを送付後、確認画面が表示されます 。

お申込み登録アドレスに登録内容と同時に電子請求書が送付されます。

当日までに参加費をお支払いくださいますようお願い申し上げます。

 

■メール・FAXからの参加申し込み

フライヤー裏面の申込書をお使いください。
事務局から数日以内に電子請求書が送付されます。

 

▼キャンセルについて
同法人組織の場合、代理出席が可能です。
代理の方もご都合がつかない場合は、下記の通りキャンセル料を申し受けます。
・開催7日前–前々日(開催日を含まず起算):参加料の30%
・開催日前日および当日:参加料の全額
・ご欠席の方にはセミナー終了後にテキストをお送りします。
お申し込み時点で契約が成立いたします。また、お振込後のキャンセルは振込手数料をご負担ください。所定の弊社返金事務手数料を頂戴します。

同業者の方のご登録はご遠慮ください。ご登録後の発覚時には当社の規定に従って対処させていただきます。

 

■お問い合わせ
リテラジャパンセミナー事務局 担当:(有)アルパシエ 小澤
Tel: 03-6423-8262(祝祭日を除く平日9:00-18:00)
Fax: 03-6423-8263(24時間受付) Mail:panel [at] literajapan.com

2018-06-19T23:56:54+00:00 2018.06.07|Categories: セミナー|