『地域のステークホルダーとの対話』

『地域のステークホルダーとの対話』 2017-10-23T21:10:44+00:00

【住民対話】「地域と原子力を語る会」 2016-17 東海村にて

リテラジャパンは2016年から17年にかけ、日本原子力発電主催「地域と原子力を語る会」の企画・運営を行いました。 「原子力発電の利用については地域とのきめ細かいコミュニケーションを図る必要がある」とはよくメディアでも言われますが、「どのように」「どうきめ細かく」か、については残念ながら聞こえてきません。 そこで、「語る会」では、単に『Yes or No』を問う場ではなく、地域の方々と専門家や事業者も交え、お互いに持つ情報のずれを確認することを目的とした実践を行いました。 立ち位置は異なるとも、住民、専門家、事業者が情報を共有し、一緒のテーブルに座り、同じ目線での対話を試みました。 原子力発電の話では、事業者の思いが前面に出てくるのが通常です。しかし、この対話ではあくまでも住民の皆さんが主役。主催者には勇気を持って一歩下っていただくことにしました。そして、この報告でも、参加された住民の声を広くお届けします。
詳細→http://literajapan.com/20171006-2

【参加型勉強会】「電力・原子力・エネルギー:静岡ステークホルダー勉強会」2015 静岡にて

リテラジャパンは2015年に、電気新聞主催「静岡ステークホルダー勉強会」の企画・ 運営を行いました。 4月25日(土)、5月23日(土)に準備会議を開催し、7月5日(日)に本会議を開催。 電力のリスクをどこまで、どういう条件であれば許容できるのかを議論。 コミュニケーションの推進、各ステークスホルダーの責務の共有はいかにあるべきかを県民参加者4名と専門家を交えて話し合いました。参加者の皆様、ご参加ありがとうございました。
詳細→http://literajapan.com/20150124-2