科学・技術コミュニケーション支援事業「リスコミビジネスサポート」のご案内

科学・技術コミュニケーション支援事業「リスコミビジネスサポート」のご案内

アメリカ穀物協会(USGC)様このたび、リテラジャパンは科学・技術コミュニケーション支援事業 「リスコミビジネスサポート」を新規事業として始めました。

その第一弾として、アメリカ穀物協会(USGC)様のコミュニケーション促進企画をサポートさせていただきました。

日本に輸入される年間1600万トンのトウモロコシ。それらが家畜飼料、でんぷんやスナックなどの食品原料、工業用原料として広く利用されていることは消費者に認識されることの少ない事実です。

このトウモロコシをどのような農家が生産し、日本の畜産業や食品産業においてどのように使われているのか。
米国の生産者が作ったトウモロコシがどのように日本の消費者の手元につくのか。
米国と日本での取材をもとにDVDと冊子をコミュニケーション・ツールとして作成いたしました。本コミュニケーション・ツールでは、実際の訪問をもとにわかりやすく伝えています。

⇒ 冊子(PDFファイル)はこちらからダウンロードできます(PDFファイル)

1600万トンのトウモロコシは、なぜ海を渡るなお、1月13日(木)午後には、都内にて、このDVDツールの発表会(「1600万トンのトウモロコシはなぜ、海を渡るのか」)をアメリカ穀物協会様と共催いたしました。メーカーなどの事業者、メディア、行政関係者30名と、これらのツールの意義や活用の可能性などを活発な議論をさせていただきました。
ご参加ありがとうございました。

DVDをご希望の方は、アメリカ穀物協会に直接お問合せください。
アメリカ穀物協会 電話 03-3505-0601 Email:thamamoto@grains-jp.org (担当:浜本)

写真の説明:右が浜本氏、真中が西澤、左がスタービヨンド佐藤氏(DVD制作担 当

右の写真:向かって右が浜本氏、中央が西澤、左がスタービヨンド佐藤氏(DVD制作担当)

2017-04-10T03:48:13+00:00 2011.01.13|Categories: What's New|