【記者ブリーフィング】食品のリスク評価と管理〜2年ぶりに再開されたエコナの評価会での議論をテーマに〜 7月23日開催

【記者ブリーフィング】食品のリスク評価と管理〜2年ぶりに再開されたエコナの評価会での議論をテーマに〜 7月23日開催

全国紙、専門紙から11名の記者が集まり、
エコナをテーマにリスク評価の手続きについて、科学アドバイザリーのあり方などを議論しました。

ご参加をありがとうございました。

◇◇■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■◇◇
日時 2014年7月23日(水)9時30分~12 時15分(受け付け 9時20分より)
場所 文京シビックセンター 第1会議室(文京区役所に入る建物の3階です)
交通アクセス:後楽園駅5番出口直結  都営地下鉄春日駅直結

★参加費 無料
★ご参加対象 報道関係者 25名
★話題提供者
山崎 洋 氏 (関西学院大学名誉教授、元IARC多段階発がん研究部長)
安川 拓次氏 (花王株式会社 フード&ビバレッジ事業グループ長・執行役員)

★開催趣旨・トピック
今月7日、2年ぶりに花王(株)が販売していた食用油エコナのリスク評価が再開されました。
食品安全委員会ワーキンググループでの議論をテーマに食品のリスク評価のプロセス、
評価結果の読み解き方、予防原則を含むリスク管理の手法について議論していきます。

★ご参加された方への特典
〇 JA新ふくしま 「ラ・フランス缶詰 」2缶入
福島の農家の方々が丹精込めて収穫した「ラ・フランス」の缶詰です。
ぜひご賞味いただければ幸いです。(※ 前日までのご登録者に限ります)
〇西澤 真理子 著『リスクコミュニケーション』(2013、エネルギーフォーラム新書)
リスコミって一体なんだろう?分かっているようで曖昧に理解されがちな
リスクコミュニケーションの理論と実践を、これまで欧州での研究、日本での具体例を入れ、解説した一冊です。

★タイムテーブル
9:30~9:40   はじめに                           西澤 真理子
9:40~10:10   ヒトへの発がん性評価:食品安全委員会と海外評価機関の比較   山崎 洋
10:10~10:40 花王が思うこと                        安川 拓次
10:40~10:50 予防原則の適応の課題:欧州の事例から             西澤 真理子
10:50~12:15 質問、討議、記者の皆さんとの議論・閉会

★登録・問い合わせ
対象のPress関係者にはご招待状を発送しております。
詳しくは事務局にお問い合わせください。

「記者ブリーフィング」事務局 担当:(有)アルバシエ
電話番号:03-6450-0856(祝祭日を除く平日9時から18時)
FAX:03-3767-8856(24時間受付)

記者ブリーフィング 食品のリスク評価と管理〜2年ぶりに再開されたエコナの評価会での議論をテーマに〜 フライヤーセミナー詳細 フライヤー(PDFファイル)

これまでの記者ブリーフィング(セミナー)はこちらから

2017-04-10T03:48:12+00:00 2014.07.12|Categories: 記者ブリーフィング|