【リスクセミナー】携帯電話とリスク開催報告

【リスクセミナー】携帯電話とリスク開催報告

2月4日にスイス・ジュネーブにてリテラジャパン主催「携帯電話のリスクをどう考えるか」 国際セミナーを開催いたしました。
演者は行政関係者で、ドイツからDr Vogel、スイスからDr Storchで、最新の情報をを共有することができました。
We organised a risk seminar on mobile phone and risks in Geneve/Switzerland on the 4th of February 2015.
We had two invited speakers, Dr Evi Vogel from Germany and Dr Daniel Storch from Switzerland both of whom are working at regulatory agencies (see flier). Ideas and opinions were exchanged to enhance our understanding to improve risk communication in each country.

参加者の皆様、寒い中お運びくださり、どうもありがとうございました。
和食店での懇親会でも、ジュネーヴ在住の関係者と交流を図ることができました。

【開催趣旨・トピック】
現在、携帯電話と人体影響についてWHOでリスク評価が進められています。
このトピックについて最新の科学とリスクコミュニケーションの観点から
理解を深め、意見交換し、議論する場にしたいと考えております。
・リスクとハザードについて
・携帯電話の人体影響: 国際的リスク評価の現在
・コミュニケーションはどう進んでいるか
詳しくはフライヤーをご覧ください。
→関連資料(フライヤーFlier in Japanese/English)

【関連リンク(過去の研究)】
Related links – Previous research conducted by Litera Japan on mobile phone
携帯電磁波のリスクコミュニケーション
Global research on communicating risks about mobile phones
→ http://literajapan.com/work/research

2017-04-10T03:48:09+00:00 2014.12.28|Categories: 講演・セミナー|