【主催セミナー】パネルディスカッション「うつ病・自殺・格差社会」2009年3月17日(火) 毎日ホールにて

【主催セミナー】パネルディスカッション「うつ病・自殺・格差社会」2009年3月17日(火) 毎日ホールにて

flyer_090317最近のわが国におけるうつ病の増加と自殺の多発は、精神医学の領域を超えて、重大な社 会問題となっています。行政レベルにおいては平成18年に自殺対策基本法が制定され総合的な対策がとられつつありますが、現状では実効的な成果は不十分です。今回の企画においては、うつ病と自殺の問題について医学的な側面を超えて社会学的な観点などから多方面から議論を行い、今後の現場における対策や政策的な指針に関して広く社会に発信することを目的としました

 

関連記事:
・2009年7月7日より掲載の日経BP社 Safety Japanでの特集不景気があなたにもたらす心の病シリーズ
第一回目 第二回目  第三回目  第四回目
・科学 2009年6月号(岩波書店)昭和医大教授 岩波明先生の報告があります。→ こちら

[ このパネルディスカッションは終了いたしました ] フライヤーダウンロード(PDF:1.3MB)

主催:リテラジャパン、ファイザー株式会社
協力:朝日新聞社、産經新聞社、毎日新聞社、読売新聞社、昭和大学医学部精神医学教室
企画協力 昭和大学準教授 岩波明

講師・パネリスト(敬称略、順不同)

宮崎 哲弥 評論家
堤 未果 ジャーナリスト
清水 康之 自殺対策支援センター「ライフリンク」
東海林 智 毎日新聞社会部
神庭 重信 精神科医、九州大学大学院教授
尾鷲 登志美 精神科医、昭和大学藤が丘病院講師
西澤 真理子 社会学者
堤 未果 東海林 智氏
ジャーナリスト
堤 未果氏
毎日新聞社会部
東海林 智氏

モデレーター

岩波 明
精神科医、昭和大学准教授.近著に,「心に狂いが生じるとき―精神科医の症例報告」(新潮社,2008),「うつ病―まだ語られていない真実」 (筑摩書房,2007) ,「狂気という隣人―精神科医の現場報告」(新潮社,2007)など多数.

岩波 明先生
精神科医・昭和大学准教授
岩波 明先生

 

2017-04-10T03:48:13+00:00 2009.03.17|Categories: 講演・セミナー|Tags: |