【イベント】エコシステム勉強会 定期Zoom開催 (招待制)

【イベント】エコシステム勉強会 定期Zoom開催 (招待制)

諦めるとそこからの進歩がありません。「大きな方向性、目先の課題解決」で頑張りましょう(日本のベンチャーの立役者 松田修一先生の言葉)。

エコシステム勉強会では、共に学びながらそれぞれの地域での、大学でのエコシステムの構築と発展を考える勉強会です。

第5回ウェビナー 5月中旬予定

第4回ウェビナー ベンチャーエコシステムの継続性 4月26日夕方開催

日本のベンチャー創業期から関わっていらっしゃる早稲田大学名誉教授の松田修一先生をお迎えしました。プロフィール 松田 修一 (jst.go.jp)


早稲田大学名誉教授 商学博士 松田修一氏
(日本ニュービジネス協議会連合会副会長)
(ウエルインベストメント株式会社取締役会長)
(日本ベンチャー学会元会長・顧問)

ご案内は関係者にお送りします。弊社参加ガイドラインに基づきご参加ください。発言のない参加者の参加はご遠慮いただいています。

第3回ウェビナー エコシステムの作り方@阪大での経験から 3月23日夕方 阪大の元連携教授 飯島さまのお話を伺いました。部分解、全体解の話を中心に今の産学連携の課題を議論しました。ご案内は関係者にお送りしています。弊社参加ガイドラインに基づきご参加ください。

第2回ウェビナー エコシステムの最先端@九州 
2月9日 17時より18:30 Zoom開催 (無料・招待制)主催リテラジャパン 後援 日本ベンチャー学会

第二回はFFGベンチャービジネスパートナーズ副社長である山口泰久さんにお話を伺います。FFGビジネスパートナーズさんのご活動はこちら。山口氏はDBJキャピタルを経て2016年にFFGに参画。

★★本イベントは終了しました★★様々なバックグラウンドの方のご参加ありがとうございました。

FFGベンチャーファンドでは、九大発ベンチャーである㈱QPS研究所(人工衛星の生産・販売)やKAICO㈱(昆虫工場によるタンパク質生産)、㈱大分大学先端医学研究所(オーダーメイド創薬候補化合物の提供)に投資を実施。
山口氏はDBJキャピタルにおいて、10年間に亘りファンド運用(IPO10社)の実績有り。また、オーガニック・テックファーマ㈱(京都府立医科大発ベンチャー。病害菌を阻害する微生物・酵素製剤の生産販売)等の大学発ベンチャーの起業をサポートした実績も有り。以下は、山口氏がDBJキャピタルにおいて育成し起業したベンチャー企業の事例

●ひびきの電子㈱:九工大発ベンチャー。佐藤教授の開発した生体センサーを生産・販売。STARTプログラム後大型の資金調達に成功。
●テイクプラス:九工大発ベンチャー。西田教授が開発した竹を原料とするバイオマスコンポジットの生産技術をライセンシングする特許管理会社。
●KAICO㈱:九州大発ベンチャー。日下部教授が開発した昆虫工場によるタンパク質生産。

第一回ウェビナー 日本のイノベーションに足りないものは何か?弘前大学でCOIを展開している元花王㈱安川拓次さんからお話を伺いました。詳しくはこちら

2021-04-28T14:37:51+09:00 2021.01.15|Categories: イベント|