【勉強会】アクリフーズは何を間違ったか 開催報告&次回予告

【勉強会】アクリフーズは何を間違ったか 開催報告&次回予告

2月6日に第25回のリスコミ勉強会を行いました。関心が高いテーマでしたので、記者が7名、企業関係者、行政、計25名が集まり議論しました。

ある参加者の言葉をご紹介いたします(以下、メルマガからの引用):
-------------------------
昨日、アクリフーズの事件に関して反省すべきことやフードテロ防止方法について
食品事業者やマスコミの方と意見交換する機会がありました。共通認識は、従業員
等内部関係者が悪意を持って毒物等を混入するのは現行の仕組みで防御できないと
いうことでした。やはりコミュニケーショが重要であり、会社に不満を持たれない
ようにすること、不満を持っている人を見つけることだという声が多い中で、某メ
ーカーさんから「社員・従業員が当社で働いていることを誇りに持ってもらうこと
が、品質保証の仕事だと思っている」という声をいただきました。(中略)

 今の若者にその精神が伝わっているか不安もあります。しかし、その目的を
共有できていないと、この会社に入って良かったと思う ことはできないのでは
と感じると同時に、若い人達にそう思ってもらうことが出来るような仕事や態度を
取ってきたか、反省することが必要だと感じています。勉強会は、具体的な事案も
勉強になりましたが、自分たちの仕事の根幹を見直す貴重な言葉をいただく
ありがたい機会となりました。
-------------------------

議論の後には懇親会が行われ、さらに親交を深めました。

◆◆次回の勉強会は4月9日水曜日の午後の予定です。

2017-04-10T03:48:12+00:00 2014.02.07|Categories: リスコミ勉強会|